071031 パリ、ジュテーム [日常]

 前回のエントリーで無駄に前フリしましたが、パリに来ています。

 BOSS: Ranaくん、今度の取材、パリ。
 Rana: はうあっ。
 BOSS: ひとりで行ってね。
 Rana: ぎゃふん。

 と、軽い乗りで決まった初の海外単身出張も、まもなく終わろうとしています。ここまで、シカゴ出張時のエントリーのコピー&ペーストですごめんなさい。

 昨年、旅行で訪れていてよかったとつくづく感じました。2度目ということで、落ち着いた心持で街並を眺めることができます。これが初の渡仏だったら、浮き足立って仕事どころじゃなかったかもしれません。

 本出張の目的を完遂するためには、制作物に掲載する素材としてパリの風景写真を撮影することも必要です。モンマルトルの丘やトロカデロ庭園に嬉々として足を伸ばしては 「仕事です。これは仕事なのです」 と言い聞かせながらシャッターをパシャパシャ切ってきました。

 うっかりすると 「仕事でサンジェルマン大通りを歩いている自分」 に酔って勘違いしそうになるのですが、ウィンドウに映る己の姿を見て即座に現実に引き戻されるので大丈夫です。

 それにしてもパリ市街には中国人団体旅行者が多い。中国語が他言語を制する勢いで飛び交い、行動もアグレッシブ。ひと昔前の日本人も、こんな感じだったのでしょうか。日本人は老若問わずカップルが多い。僕は仕事ですよ。ひとりですよ。

 時にたとえば街中ですれちがい際に肩がぶつかってしまったとき、こちらでは 「パルドン (pardon) 」 と言えばいいわけですが、僕は最初の海外旅行で訪れた中国の記憶が鮮明に残っているためか、どうしても 「ドゥイプチィ (対不起) 」 と言ってしまうのです。商人の売り込みを断るときには 「プーヤオ (不要) 」 と言ってしまうし。自分がどこの国を訪れているのか、一瞬混乱してしまうようです。

 と、またもワールドワイドなキャラクターを装った更新をしてしまいました。よもや、転職1周年をパリで単身迎えることになろうとは。以下、写真をいくつかご紹介。

“パリ、ジュテーム”の続きを読む

071025 フランスやパリ [随想]

 身を削った更新をしますよ。

 手元に、小学1年生のころの文集があります。巻頭コンテンツは 「大きくなったら、なにになりたい?」 という質問に、クラス全員が自画像入りで答えるというもの。僕の回答は、この写真のとおり (赤線部) 。

“フランスやパリ”の続きを読む

071023 おれがペヤングだったころ [随想]

 ペヤングが値上がりするらしい。ペヤングとは、まるか食品が製造・販売するカップ焼きそばだ。時々、むしょうに食べたくなるんだ。あの麺の食感や、単位麺あたりのソース量の絶妙なバランスは、ほかのカップ焼きそばでは堪能できない。値上げは痛いが、原油・小麦価格の高騰の影響とあらば仕方あるまい。許す (えらそう) 。

“おれがペヤングだったころ”の続きを読む

071017 分業私見 [随想]

 椎名林檎主宰のバンド、東京事変の3rdアルバム 『娯楽 (バラエティ) 』 を発売日に購入して、ヘビーローテーション中です。

 前2作に比べ、ずいぶん聴きやすくなったなあ、という印象。今作では椎名以外のメンバーが作曲を担当したことが、少なからず作用しているようです。

椎名林檎的な粋っていうかイメージって、今の私よりも他人の方が引き出せるっていう気が前からしていたんです。

椎名林檎 『SWITCH』 VOL.25 OCT.2007 NO.10 p.42

“分業私見”の続きを読む

071011 極私的クライマックスシリーズ [野球]

 昔から団体行動が苦手で、遠足でも修学旅行でも、班行動が解かれたとたんにスススーっと集団から離れ、ひとりプラプラ歩いたりポケーっとしたりしていた。時には班行動中に姿をくらますこともあった。班長、すまんかった。

 そんな僕も長ずるにつれて徐々に処し方を身につけ、 「団体行動中のやるせなさを、やり過ごす」 術を体得した。少なくとも仕事を中心とした社会的な営みを円滑に進めるべく、表面を取り繕えるようにはなったと思う。先生、僕も大人になれました。

“極私的クライマックスシリーズ”の続きを読む

071003 続きはWebじゃない [随想]

 ひところ、テレビCMやポスター広告で、 「続きはWebで」 が流行した。オダギリジョーや劇団ひとりが出演していた 「ライフカード」 のCMが、ヒット作のひとつだろう。

 その流行も一段落した現在、 「続きはWebで」 を用いた広告形態は、よくある一手法としての地位を確立している一方で、 「いま、その手法を (パロディでなく、かつ、ひとひねりも加えずに) 正面切って用いるのはちょっと古いんじゃない?」 という微妙な立ち位置にもあると思う。新規な手法としての目新しさはなくなり、 「あ、またこのパターンね」 という印象が先に立つようになってきた。

“続きはWebじゃない”の続きを読む

Recent Entries

Search


Category Archives